おたくーるじゃぱん

深夜アニメを中心としたアニメ感想ブログです。

クズの本懐 10話「カラノワレモノ」の感想です。

評価:★★★☆☆

公式サイト


10話 あらすじ

早苗を苦しめてしまった花火。
二人はいつかまた友達に戻ることを約束し軽井沢を後にする。
一方、麦は想いを伝えても、奔放で自由なままの茜に振り回されていた。

※公式あらすじより



茜さんはどうしてクズなの?
流されやすいだけだからさ! と……。

BPOさんも安心な健全さ


いや~茜さん回でしたね。

何だろう……花火×麦や早苗×花火よりは健全に見える。
女子高生はアカンけど、男子高生ならどうでもいいってことなんかな。

というわけで、麦と茜さんがヤりまくります。
その間にメガネ先生が割って入るというまさかの展開に進みます。
ビッチ茜の正体を知って尚、「変わらないでいい」と言える独占欲の乏しさが茜さんを籠絡するのか!? と思わせて、ラスト……麦の積極性を目の当たりにして赤面するという構図。
この人って、自分の敷いたレールを外れる男に弱いんかな?
「流されやすいだけ」という言葉がしっくりくる展開&オチで、茜さんがなんたるかが少しだけ分かった気がします。男好きで、同性を負かすのが好きで、流されやすい、と……めんどくさ。

茜さんは流石のクズっぷりでしたが、麦も安定してクズ。
ただ、本懐にはグッと近づいたような気もする。
その終盤っぽさは悪くない。

面白かったです。

まぁ……ここからどう終わらせてくかが問題ですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL