おたくーるじゃぱん

深夜アニメを中心としたアニメ感想ブログです。

セイレン 11話(桃乃今日子 第3章)「カクセイ」の感想です。

評価:★★☆☆☆

公式サイト


11話 あらすじ

正一から貰ったコートを着た今日子が、横断歩道を渡っているが、そこに信号無視の車が侵入してくる。それに今日子は気が付かず……

※公式あらすじより


パンツ選び、だと……( ̄□ ̄;)!?
これで付き合ってないとか、ケンカ売っとんのかおまえら(^ω^メ)
彼らがまだ兄妹に近い関係であることをアピールしたかったんだろうけど、リア充っぷりを見せつけられてるように感じてしまった。末期やな。

それ以上に「ケンカ売っとんのか」と思ったのが、郁夫のシーンです。
イブに好きな子をデートに誘って撃沈した郁夫は、マスクを被って異常行動をする。
そんな彼に正一がかけた言葉─────

正一「俺も、お前みたいな男になりたい」

ようやくすると、「俺も、お前みたいな負け犬になりたい」と。
郁夫目線からすればそう聞こえると思うんだが……ケンカ売ってるだろw
本質としては慰めではなく、称賛の言葉なんだが言葉選びとタイミングが致命的過ぎて逆にバカにしたように聞こえるという惨劇www アホすぎました。

ラストの展開を含め、糞みたいな話です。
登場キャラも誰だよお前ってのが多く、ごちゃごちゃしていた。
もっと正一と今日子の簡単なんだけど複雑な関係に、想いに、何をすれば良いか気づく過程に時間を割いて欲しかったです。

面白くなかった。

笑えたし、パンツを服の上から見せる新境地は斬新だった。
だけど、総合したら残念な話という方向に天秤は傾きます。
もったいないね。



次回が最終回になるのかな?
あまり期待してはいないが、笑えて萌えられると良いですね(´ω`)
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL