おたくーるじゃぱん

深夜アニメを中心としたアニメ感想ブログです。

幼女戦記 10話「勝利への道」の感想です。

評価:★★★★★

公式サイト

部下を見てるときに見せた、ターニャたんの優しげな表情……
リアリストで冷酷な彼女だけど、仲間たちのことは信頼してるんだな(´∀`)

さらば無双時代、無双の陰り


襲撃作戦に、爆破、回転ドアーと帝国が「勝利への道」を進む!!
超危険任務ってイメージを持ってたんだけど、一番危なかったのは人間ミサイルで飛ばされた移動手段の方かもしれん。そう思えるほどに、施設の破壊任務はヌルゲーでした。
この描き方は、未だにターニャたんたちが無双状態であることの証明だと思う。

無双のターニャたんがいて、帝国軍としても圧倒的に優勢……負けるわけないと思わせてのラスト。
それらを覆しかねない無双時代の終焉を告げる敵の襲来。
アニメとしては定番な流れだけど、幼女戦記としては今までと違った未踏の地を踏み出した。

面白かったです。

ターニャたんの、作戦の優秀さを伝えつつも波乱をもたらしてくれる。
おら、わくわくすっぞ(´∀`)

ターニャたんと愉快な仲間たちの中で最初の犠牲者になった……名前は忘れた彼には気の毒だがな。
大隊の負傷者は他にもたくさんいるんだけど……。
まぁ、Cパートでヴィーシャをお姫様抱っこしたのが死亡フラグになった。間違いないね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL