おたくーるじゃぱん

深夜アニメを中心としたアニメ感想ブログです。

青の祓魔師(京都不浄王篇) 11話「光輝燦然」の感想です。

評価:★★★☆☆

公式サイト


11話 あらすじ

降魔剣を抜くことができた燐。
「自分の居場所は自分で勝ち取れ」と、シュラは燐を送り出す。
だが、圧倒的な力を持ち増殖をつづける不浄王を食い止める術は見つけられない。
遂には勝呂の体力も尽き、結界が崩れてしまう。
街に瘴気が到達すれば甚大な被害をもたらす。
絶望的な状況の中、燐の前に鳥枢沙摩が現れる。
そして倒したはずの藤堂が、再び雪男の前に立ちはだかり────。

※公式あらすじより


不浄王さんサヨウナラ。
燐が覚醒して倒す様は派手でした。
動きは少ないし、時間的にも短い。
微妙なところもあるが、青い炎に込められた想いは良し。
仲間の想いを背負って全力を出す姿には感慨深いものがありました。

それに反して雪男の藤堂戦はな……。
悪くない戦いなんだけど、分かりやすい俺戦END。
アニメで続きは見れませんって仕様が残念です。
まぁ………

面白かったです。

微妙さもあるが、やはり悪くない。
ようやく燐の戦いが見れたんで、それが嬉しいんだろうね(´∀`)
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL