日刊OCJ

深夜アニメを中心としたアニメ感想ブログです。

テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス 23話「風になる」の感想です。

評価:★★★★☆

公式サイト

さよならデゼル


デゼルゥゥゥ( ̄□ ̄)!!

デゼルは全ての力を使い、ドラゴンたちを浄化する。
全てを使い果たしたデゼルとロゼ、最期の別れのシーン。
ロゼに見せたデゼルの笑顔が泣けた。
明るく振る舞うロゼというだけでも胸に迫るものがあるのに、ここぞってときに見せたデゼルの素顔、そこからの笑顔があまりにも眩しくて……。天族らしく、その別れは神がかっていた。
これに感動できないとか、人間として終わってるよな!!

とか書きながら、デゼルの素顔が見えたときは─────

チッ……イケメンかよ。

と舌打ちしてしまった件。
これがクズというやつですよ、勉強になりますね。


さて、デゼルの生き様と死に様が光った話。
彼のロゼに対する想いや、仲間に対する想いが温かく照らしてくれた。

面白かったです。

絵も安定してたっぽいし、良い話でした。


最後に、エドナ様の活躍が少ない。
もしかしたら最後の次回予告だったかもしれないのに、エドナ様の出番がなかった。
デゼル君がサヨナラしてなければ出番があったかもだよね……


チッ…(´ω`)(死んでんじゃねえよ)


これがクズというやつですよ。
改めて勉強になりますね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL