おたくーるじゃぱん

深夜アニメを中心としたアニメ感想ブログです。

霊剣山 叡智への資格 11話「問心剣」の感想です。

公式サイト

評価:★★★☆☆


11話 あらすじ

自分の行いに不徳がないことを証明するために、戦いの中で心を問われる「問心剣」を求めた王陸。
まずは不意打ちで大技を披露し、下界に降りてからの試練の成果を見せつける。
しかし長老である劉顕と王陸の力の差は計り知れない。
そして王陸は悪夢の世界に堕とされ、過酷な試験が始まった。

※公式あらすじより


ジジィが強すぎる( ̄□ ̄;)!!
ってところからの精神攻撃。
結局は「自分が正しい」と維持を張れば良いだけの話だが、問心剣は抱えてるもんを引きずり出してくるからなかなか簡単には……って話ですね。
見ていて思うのは、王陸は都合の良いことを言ってるが否定するほど間違ってはないってこと。「乾元燃血功」を使って寿命を使い果たした奴らなんて、最後は自己責任の問題だしな。

結局は自己責任だけど、問心剣の後半はどうなんだろう?
謎能力を使って、死にそうになってまで正しさを主張する。
見ていて思ったのは、精神的な壁に際して異能的な力を使わないで欲しかったな、と。
そこは一般人的なやり方で解決して欲しかった。
あくまでも正当性を主張するという流れは面白かったと思うがね。


2、3話ぶりに見れました。
おかげで王舞さんと再会できんかった……死のう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL