あにまに~きままにアニメ感想~

深夜アニメを中心としたアニメ感想ブログです。

    蒼穹のファフナーEXODUS

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     第四次蒼穹作戦、開始!
     今回の蒼穹作戦は大所帯ですね。


     閑話休題。
     一騎や総司だけ強すぎませんか? 他のキャラは一人につき1~5体程度を倒し、これは常識の範囲内だと思います。それに対して二人が倒す数はヤバすぎます。流石はチート機体に乗ってるだけのことはあります。これで他のキャラと同程度だったら、もっと働けってなりますからね。
     そして、チート機体が目立つ中で、真矢だけは異彩を放ちます! 多数にロックオンをする動作はフリーダム(ガンダムSEEDより)を連想させます。さらに、人が乗ってるファフナーには腕などを撃って戦闘続行不能に陥らせる。お前はキラか( ̄ω ̄;) メインヒロインだけあって、活躍の場が与えられるのは当然です。しかし、そのやり方が某ロボットアニメの主人公と同じとか……。なんか嫌だな。結局、行き着くところはどのロボットアニメでも変わらないってことなのかもしれません。人間同士では戦いたくない、そういうことですね。

     今回の蒼穹作戦は大所帯ですよね。
     前回がたった4人で突っ込んだのを考慮してしまうと、これだけいれば余裕だろ……と嘗めくさってしまう。敵の数も前回の方が多かったしな。絶望感では、確実に今作は負けてしまっているかと。まぁ、今作は量より質ってことなんでしょうね。だとすれば、ミツヒロには頑張ってもらわないとな!
     数が多いことで一番の問題となるのは、キャラが多すぎて個々の活躍を描ききれないこと。私個人の要望としては、女性キャラたちに頑張って欲しいんですけどねw


    【評価】
    ストーリー:★★★☆☆
    バトル:★★★☆☆

     面白かったです。
     ラストバトルって空気感が燃えますね!

     来週が最終回かな?
     この戦いがどういう決着をするのかに期待してます。
     とりあえず、フェストゥムとの戦いが完全決着することは無いんだろうな。
     だとすれば、続編に期待?

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     新機体、化け物過ぎる( ̄ω ̄;)
     ザインやニヒトというチート機体がある状況で出演した新機体ですから、このくらいは出来て当然なんだろう。まぁ、使われ方が前作と同じでラスボスに使われるっぽいのは芸がないと思うけど……。


     閑話休題。
     本日は真矢を助けにいったらアザゼル型登場で新国連軍基地は大混乱? という流れです。
     ずいぶんと大ざっぱなあらすじですが、間違ってはいない。はずw

     まず、竜宮島内での日常風景から。
     コア三人の会話がシュールでしたね。妙にお喋りなコア、織姫ちゃんのツッコミ、ショコラ(犬)をけしかける甲洋。新参者には特徴を分からせるような描かれ方で、織姫ちゃんには新たな一面をということなんだろう。緊迫した状況の中で偉く和みました。やはり、織姫ちゃんは可愛いな!
     一方で、双子(男)はしんみりとした感じ? 茶碗片手に涙する姿から、あの旅路がどんなに過酷だったかが分かります。コア三人とは対称的だったので、見ていて落ち込む。もっと戻ってきたことへの安堵感を感じるシーンが見たかったですが、やらなきゃいけないことはまだまだ残っているし仕方ないのかもしれません。

     続いて、新国連側へ。
     ババア暗殺の話が急浮上するんですけど、放送時間にして10分もたたずに看破、鎮圧されてしまうという……パペット、有用過ぎるw 扱い方は非人道的ですが、ババアが人道的じゃないなんて今さらな話です。途中でそんなババアが新国連のトップに君臨する過程が描かれていましたが、その必要性を感じられない。ババアの過去とかどうでも良いんですよ。ミツヒロとか、もっと過去を描くべきキャラは他にいると思いました。
     そして、パペットを利用しまくった結果パペットの反乱に合う、と。
     アザゼル型を呼び出し、新国連軍の戦闘が開始します。といっても、真矢にボコられる&新機体無双なんで新国連軍の活躍なんてものは無い。唯一気になったのは、真矢に絡んでくる新国連側の女性パイロットが仲間を真矢に撃たれたとき、

    「人殺しが!」

     と罵ったシーンです。
     お前が言うなwww
     と全力でツッコミたい。
     彼女にしてみれば、交戦規定αに従ってやって来た真矢たち人間を殺していた。いや、人間じゃなくフェストゥムの手先と思って殺していたんだろう。結果、自分達は人殺しではないと認識しているのかもしれません。「人殺し」と罵ったシーンには、「お前が言うな!」というツッコミと共に、立ち位置でこんなにも見方が変わるんだという底知れぬ違和感を持たされました。

    【評価】
    ストーリー:★★★★☆
    新機体:★★★★★

     面白かったです。
     やはり、新機体はテンション上がりますね!

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     援軍ヒャッホゥー!!
     だったのに、終わり方が憂鬱……。


     閑話休題。
     フェストゥム軍団や島からの援軍が到着し、劣勢が優勢に変わります!
     この展開は熱いですね(^ω^)
     それでも真矢はつれさられてしまうという……。やはり、追いかけたのが白石みのるじゃダメってことなのか? 一騎かそれに準ずる主人公属性を持っていないとダメなのか?? とりあえず彼では役不足、モブはお呼びじゃないという厳しい現実を見せられた気がします。

     結局、今回戦ったアザゼル型は倒せたの?
     戦況が大混乱だったために、誰が殺られて誰を倒したのかがイマイチ分かり辛い。そんな中で敵のボスっぽかったアザゼル(さん)型の話ですよ。結局、倒せたのは一騎が対していた一体だけなんかな? コアっぽいのだけになってましたし……。総士の方には春日井の兄貴が援護に来てくれたけど、テレポートした感じでした。つまり、アレだけやって一体しか倒せなかったということになります。後何体いるのか知らんが、中々に絶望的ですよね( ̄ω ̄;)

     ラスト、金髪ロン毛の正体が明らかに!
     その正体は、ミールが産み出した分身みたいなものってことです。
     人類軍、毎度のことだがやる事なす事えげつない。
     結局は利用してきたのが災いして金髪ロン毛がボス化したっぽいし……。
     本当に毎度毎度、人類軍のような人間が争いの火種を作ってしまっている。
     呆れてしまいますね。


    【評価】
    ストーリー:★★★★☆
    バトル:★★★★☆

     面白かったです。
     島と遠征組が合流できたことが嬉しかったし、バトル自体も見ごたえのあるもので良かった。
     理想としては、真矢もセットで帰って欲しかったな。

     さて、これで人類軍が作った新機体に乗るのは真矢で確定かな?
     前作で一騎が人類軍に捕まったとき、そこで敵に襲われて新機体のザインに乗ったエピソードがありました。それと似たような流れで来てるんだが……。もしくは敵になった金髪ロン毛に奪われるという展開もあります。それはそれで前作でニヒトを奪われてますからね。
     どちらにしろ、新機体導入の流れが似すぎていて不安しか抱けません。
     新機体のワクワク感だけを残して欲しかったな。

    このページのトップヘ