あにまに~きままにアニメ感想~

深夜アニメを中心としたアニメ感想ブログです。

    この美術部には問題がある!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    お品書き


    この美術部には問題がある! 10話「思い出のかおり塾」
    はんだくん 10話
    プリズマ☆イリヤ 3rei!! 10話「姫の元へ」


    この美術部には問題がある! 10話:★★★★☆


    ざわっ…ざわっ……。
    ロリの写真を見ただけで、心のざわめきが止まらない。
    実際に喋って動いた姿を見ていたらいったいどうなっていただろうか?
    その様子を知りたい方は、2話の感想へ行ってください。

    Aパートの話も良かったが、個人的にはBパートの方が好き。
    宇佐美さんのベッドで寝ることになった内巻くん……世間の男子中学生が勘違いしかねないエピソードだと思います。本来なら内巻くんのように「○○さんのベッドを使わせてください」と言おうものなら、エグい蔑みと嫌悪の混じった視線を送られる。使わせてもらえたとして、その後のファブリーズは必至……だから勘違いしてはならない。好きだからこそ許される行為なんだと。

    その分、(分かりきってるけど)宇佐美さんの好意、その強さがよく分かる話だったと思う。
    相変わらずのラブコメっぷりに、ニヤニヤが止まらない。
    とても楽しく見ることができました。


    はんだくん 10話:★★★☆☆


    平凡の話、酷すぎるwww
    中の下の女に「平凡が半田軍に入ってんじゃねぇよ」と罵られる。
    お前に言われたくねぇわ!!
    顔は中の下だけど、中身は下の下だということだな。

    そして、後半には半田ちゃんという神同人誌が……って、読めんのか(´ω`)
    冬にウッスイ本が売られるだろうから、読むならそれでってことか。

    今日も面白かったです。
    平凡でもネタにして笑わせてくれる、良い作品だね。
    後半の半田ちゃんだけは心残りだが……。


    プリズマ☆イリヤ 3rei!! 10話:★★★☆☆


    美遊が復帰されました。
    ボスの第2形態や、救世主のお兄ちゃんが!?
    などなど、楽しめる点は多い。
    笑いが少ないのは残念だがな。
    終盤だから仕方ない、うん。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     密室で内巻くんと宇佐美さんが二人っきりになる。
     そのまま一晩を明かすことになり……
     これはつまり、宇佐美さんが大人になる!?

     というわけで、この美術部には問題がある! 8話「秘密のとれじゃーはんと」の感想です。

    内巻くんはマヌーサの使い手


     割りと定番? な密室イベントが発生しました。
     あまりに緊迫した空気がそうさせたのか、はたまた内巻くんへの猟奇的な愛がそうさせたのか……宇佐美さんの密室妄想があまりにも痛くて……。肝心なシーンを見終わった後に、見てはいけないものを目撃してしまった────罪悪感に苛まれる余生を送っています。
     それにしても、あれほどの幻覚を見させてしまう内巻くん、彼はマヌーサの使い手に違いない。もちろん宇佐美さんにしか効かない、宇佐美さん専用マヌーサを。
     内巻くん、恐ろしい子!!

    宇佐美さん専用マヌーサ:凡庸マヌーサより3倍痛い幻覚を見る。

     他には夢子先生のネタが好きでした。


     後半は伊万莉を含めた3人で美術部の宝探し。
     純粋にクイズを楽しむ伊万莉が可愛すぎる!
     それ以外にも、最初は(宇佐美さんが一方的に)険悪だった仲をトレジャーハントという手段を使って深めていく、そんな流れがとても美しく見えました。
     最後に見つけた宝は、3人で分配する。伊万莉美術部じゃないのに。
     その理由、宝は冒険の証であり、友情の証だから!
     素晴らしい友情を見せつけられ、感無量であります。
     とても素晴らしい話でした。

    ※冒険の証=エロ本
    ※友情の証=エロ本


    評価:★★★★★


     エロ本は良いオチでしたね。
     萌えて笑える良いラブコメをやっていたと思いますよ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    評価:★★★★★
    └独占禁止法に抵触?


     美術部にライバルが現れた!?
     な……なんてこった、パンナコッタ……。
     彼との壮絶な戦いが、始まらなかった。
     というわけで、彼のことは無視しようか。

    積極性と将来の夢


     ライバルという名の噛ませ犬が現れました。マジで何しに来たんだお前……。
     まぁ、彼のおかげで宇佐美さんの積極性が見れたから良しとする。何の話かって、内巻くんのモデルになったときのことです。自らスカートを捲り上げ、パンツを見せつける宇佐美さん……これを積極と言わず、何を積極とする。辞書にも「積極性:自らパンツを見せつける行為」と書き記すべきなのです!
     そんな積極性も、内巻くんのATフィールドは破れなかったようで。「マジかお前、マジかお前……」と連呼せずにはいられません。さらに今回はパンツを描かないようで。「マジかお前、マジかお前、マジかお前、マジかお前……」と、先の驚愕を怒りに変えて連呼し続けるのでした。

     後半は、コレットのなりたいものを題材にした話です。
     コレットよりも、宇佐美さんのソレに注目したい。
     だって……お嫁さんって……。
     高1にもなってそんなことを書くとか、なんて恥ずかしい子なんでしょう、と冷やかしまくって欲しかった。その後は「宇佐美センパイの一方通行~!」という罵倒に続いた訳ですが、もう少しだけ宇佐美さんが悶える姿が見たかった。特に内巻くんには知らせて欲しかったな、お嫁さんの件を。そのときの宇佐美さんの反応を想像するだけで、今日は飯うまできたことだろう。


     今日も良いラブコメをしてくれました。
     とても面白かったです。
     内巻くんが宇佐美さんのパンツを独占したのは今でも許せないがな。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    現れた恋敵は中二病?
    中二病でも恋がしたいということなのか……
    というわけで、この美術部には問題がある! 6話「気になる美少女転校生」の感想です。

    太ももに挟まれたい


    今日の話は、

    ・恋敵は中二病?
    ・エロい肩車
    ・仲良くなれそうで、なれなさそう


    という流れでした。


    とにもかくにも、宇佐美さんの太ももに挟まれたいんだが……。
    妄想肩車の伊万莉の太ももをネチネチ撫でる内巻くんがゲス過ぎた。まぁ良いさ、その代わりに宇佐美さんの太ももは任せろよな! と私の脳内では紳士協定が結ばれたんだけど、そんな約束は無惨に破られる……脳内だから……。
    もうね、宇佐美さんが「重くない?」という、聞いた本人の中で答えが決まりきった質問をしたとき、その答えが「重いに決まってるじゃないですか」だったのも内巻くんの謀略だったんじゃないかと。そう答えた結果、太ももで顔面を締め付けられるというご褒美が貰える、それを見越しての発言だったんじゃないかと訝しんでます。
    「このド変態がっ!」っと、羨ましそうに叫ぶしか私にはできなかった。
    今回の話は、内巻くんの醜い本性が垣間見える話だったのかもしれません。


    さてさて新キャラの伊万莉ですが、可愛いと思いますよ。
    だがしかし、宇佐美さんには勝てなかった!
    家政婦は見た! みたいに現場(内巻×伊万莉がイチャラブ)を目撃してからの反応が可愛すぎた。

    やはり、今期トップクラスのヒロインだと思います。
    ※異論は受け付けてません。

    評価:★★★★★


    恋敵?になりそうなキャラは、ラブコメとして必要な存在だと思います。宇佐美さんをヤキモキさせる役としてな。この役はコレットや先生には無理だし……伊万莉は作品の恋愛要素を高めるため、とても重要な存在だったということだ。

    ライバルの登場により、今までとはまた違った萌えを見させていただきました。
    ラブコメとして、とても秀逸な話だったと思います。

    っで、先生はどこに?

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    78b056e0.jpg
    後半は水着回だというのに、宇佐美さんは終始スク水の上にTシャツを装備していたという……。
    本来ならば、「脱げよ!」と叫んでいたことだろう。
    しかし、水に濡れたTシャツが水着越しの体にぴったり張り付くその様は、新たなる境地を生み出してしまったのかもしれない。ただ水着を曝せば言い訳じゃない……パンチラや絶対領域のようなチラリズムが好かれるように、モロで見せない奥ゆかしさは私たちに夢と勇気を与えてくれるのかもしれない。

    というわけで、勘違いと水着の話でした。

    勘違いが生んだ喜劇


    コレットが石膏にイタズラしたことにより、勘違いの連鎖が始まる、と。

    いや~良かったです。

    勘違いで内巻×夢子先生の人工呼吸(未遂)イベントが起きたり、それを聞いたときの宇佐美さんの反応がね。最初は「僕たち私たちの夢子先生が汚される!?」と悲鳴を上げたが、内巻なら許せた。
    むしろ、キスする寸前のところを宇佐美さんに見せつけて欲しかったかな。そのシーンを家政婦ならぬ、宇佐美は見た! というときの憤慨する宇佐美を視聴者は見たかったと思うんだ。

    勘違い、すれ違いネタというとお笑いコンビ・アンジャッシュのコントを思い出します。
    それと比べても遜色なく笑えて萌えられる良い出来だったと思うよ!


    後半の水着については上で書いたんで割愛。
    とりあえず、夢子先生のオッパイは反則だった。

    そして内巻くんを「すばる」と登録している宇佐美さん。
    部長に冷やかされて赤面する姿が……もう……。
    こんな子がいるなら二次元は卒業するわ。いや、二次元だから可能な愛らしさなんだろうけど。

    まとめ:★★★★★


    面白かったです!

    オチも良かったし、萌えも輝いていた。
    しかも水着……こうなるとこんなに詰め込んで逆に心配になる。

    良いんだよ? もっと後の話数でやっても。

    とにもかくにも、ラブコメとして最高の話だったろうと断言します。
    それほどに面白かった。

    次回は中二ツインテが来る……。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    水樹さんといえば、強い女性キャラを演じているという印象がありました。
    それが今回のは……ドジっ子で天然、かつ小動物のような教師キャラ。
    普段の声とのギャップに激しく萌えた(´ω`)

    というわけで、顧問が究極進化した話です。

    安定の萌え、安定の淫乱


    だ、誰だ!? この金髪美少女は?
    あぁ……コレットか。今回みたいに前髪を下ろしてた方が私は好きだな。

    そして、宇佐美さんのショートパンツ姿に昂った。
    あんな無防備にお尻と太ももをさらして……誘ってるに違いない。
    流石は淫☆乱!!
    前回の話で『宇佐美さん=淫乱』としたのは、このときの為だったんですね。
    壮大なフラグ回収に、感謝感激雨あられ……良い尻と太ももをありがとう。

    冒頭で書いた水樹さん演じる夢子先生といい……今日の話は安定の萌えスペックでしたね。
    順番をつけるなら、幼女>|越えられない壁|>宇佐美さん(尻&太もも)>夢子先生>コレット(前髪下ろしver)になりますかね! こう書くとコレットはダメなんか? と思われるかもしれない。違うんや……どれも高いレベルの話なんで、コレットが悪いという話ではありません。他の作品だったらコレットのことばかり書いてただろうし……。
    結論、今作の萌えに対するレベルが今期の中で高すぎるんだ、うん。

    まとめ:★★★★★


    面白かったです!
    最後の最後……たかが携帯の番号なんだけど、内巻くんの番号を入手したことでピョンピョン跳ねて喜ぶ宇佐美さんが可愛すぎた。こういうのを見てると、ちゃんとラブコメしてるな~って思うわ。手当たり次第にフラグを作るハーレム系ラブコメには真似できない、そんな清純さがとても良かったと思います。宇佐美さんは淫乱だけどな。

    萌えあり、笑いあり、恋愛あり。
    三拍子揃った、しかも高いレベルで噛み合ったとても良い話だと思いました。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     コレットの探し物とは?
     それはボブキッス……宇佐美さんが動揺せずにはいられない物だった!?


     新キャラコレット登場。
     アホな娘っぽいところは嫌いじゃないです。

     そんなコレットのやってくれたネタで一番好きなのは、やはり「ショーとボブ」か。
     どんな髪型なんだろう……。
     コレットの描いたショーとボブを目の当たりにして、やはりな、と。私も黒光りしてそうなスキンヘッドを想像してしまった。っで、宇佐美さんの髪型はそのショートボブと……。何故だろう、華奢な宇佐美さんがガチムチに見えてきたよ。
     嫁の髪型に悩む内巻くんに、躊躇しながらも自分の髪型を勧めようとする宇佐美さん。内巻くんが描くそれに、少しでも自分と同じ要素を入れてほしいという、ある意味で乙女心のようなものを見せられた。その愛らしい行動にガチムチなショーとボブが混ざり合い、筆舌し難い複雑な味へと変化するのです。良かったですね。

     さて、もう一つ触れなければならないエピソードがあります。
     そう、間接キッスならぬ缶接キッス!
     フフッ、間接キッスごときであんなにも動揺する……ガキやな(´∀`)
     間接キッスで騒ぐなんてのは小学生か中学生ぐらいだと思ってたので、高校生にもなってそのネタをやってしまう宇佐美さんの純粋さに驚かずにはいられません。

     流石は淫乱娘!

     常に淫乱なことを妄想してるからこそ、現実に起こったときに動揺が止まらないんだろう。
     ……やだ……なんて魅力的な娘なの!?

     うん、あの動揺の仕方は、それだけ内巻くんを好きってことの証明なんだろうね。
     忘れてしまった純粋さ、純愛を再び思い出させてくれるような良い話でした。
     最後の新聞オチも決まったしw

     ここでお知らせ。
     来週はいよいよ水樹さんが来るぞ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     内巻君がラブレターを貰っただと!?
     彼のことを仲間だと思ってたのに……裏切られた……。
     最悪、ブスならば許せたのかもしれない。だがしかし、宇佐美さんといい、ラブレターを渡した女生徒といい、みんな美少女というね。彼は、二次元に憧憬を抱く者として、大切な何かが足りないのではいか? そういう風にやっかんだ視線を送る……そのときだった。彼の一言が、盤上をひっくり返す。

    「身の程を知れ三次元」

     彼は紛れもない同士であり、オタクの鑑だった。

     というわけで、同志ロリ巻と共にロリを愛でる話です。

     アレが出てきたら、私は反応せずにはいられない。悲しい化け物なんな。
     というわけで…………。

     ロォォォリィィィ!!!!

     迷子の幼女に、身の程を知らない三次元女の小学生妹などなど。
     可愛いロリ属性が続々登場しました。
     これだけロリが多いと、制作者も同志なのではないかと確信させられます。
     まぁ、日本人=ロリコンですからね。
     海外からは、割りとガチにロリコンだと思われてるからな。
     日本のカワイイ文化はロリコン文化だったと、日本のロリコン文化の真髄がこの話に詰まっとる……。

     ロリが可愛いのは当たり前だが、宇佐美さんも可愛かったですね。
     ロリ巻が告白を断ったときに、相手から「宇佐美と付き合ってるのか?」と聞かれます。
     影で告白の行方を見守っていた宇佐美さんの「肯定しろ」という念力を送るw
     可愛かったわ。

     面白かったです。
     王道なラブコメ展開に思えるけど、そこが素晴らしく笑えて熱烈に萌えられる。
     とても良い話でした。
     何より、モブロリが可愛いからな!
     これだけで勝利は決まってました。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     主人公、可愛すぎる……。

     真面目キャラ故に、内巻くんに恋する故に彼の頼みを断れない。
     流されるまま椅子の上に体育座りする姿が可愛くて可愛くて。アレに全くなびかない内巻くんを驚異に感じてしまいます。悟りを開いて欲と決別した生き仏のような存在なのかと思ってしまったが、欲にまみれたド変態でした。自ら最高の二次元嫁を描こうとし、それと式を開こうとするとか……オタクって行き過ぎるとこんなヤバイ奴になっちゃうんだな。注意さよう。
     そして、体育座りの際に別の大事件が発生する。

     そう、縞パン様のお披露目が!

     まだ中のキャラにしか見えない仕様かと思ったら、部長が撮影していたというね。
     このとき私は思った……彼に一生ついていこうと。

     そして、主人公が泣き出すシーンや、内巻くんが萌えていたと知って喜ぶ姿に萌えてしまった。
     しかも縞パン装備者。
     コイツは強敵が現れたもんだぜ……。

     最後に、ボケとツッコミのバランスが良かったです。
     例えば、嫁の絵を見ながら「下はスク水」という解説を内巻くんがしたときの、「そんなこだわり捨ててしまえ」というツッコミ。キレがあって、とても面白かったです。
     こういうシーンは多目だったんで、笑いの面でもとても良い作品でした。

    まとめ:★★★★★


    ・良いラブコメ
    ・主人公が可愛すぎて……
    ・縞パンに勝るパンツ無し

     とても面白かったです。
     女性視点のラブコメってところが良いですね。
     キャラは可愛いし、ボケやツッコミも良い切れ味!
     ラブコメ好きとして、多大に評価してますよ。

     結論、萌えて笑える良い作品でした。

    このページのトップヘ