あにまに~きままにアニメ感想~

深夜アニメを中心としたアニメ感想ブログです。

    スカーレッドライダー ゼクス

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     男同士の殴り合いは、必ずクロスカウンターで決着。
     あの娘は星になり、この世界そのものになった。
     最後はあらぬ方向を見て、意味深な笑顔。


     テンプレ展開でしたね、残念過ぎるほどに。
     結論として面白くなかった。
     テンプレ以外にも、バトルシーンで5人いる意味が感じにくいところが残念。
     結局はヨウスケとタクトがパコパコやってただけだもんな……。
     女性向けというのを考えれば悪くないんだろうけど、男目線では全く楽しめない話だった。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     亡霊の表現方法がヒデェwww
     アキラを誘う姿が完全に悪霊の類いになってるから。

     ま、まぁ……そこはいいとして、最終決戦がスタート。
     赤背景に赤バイクという色彩設定のミスとしか思えない描写に笑いながらも、アキラの、アキラたちの運命を悲観せずにはいられない。利用され続けた挙げ句、どちらかの世界しか救えないって究極の選択を迫られる。少女の肩には重すぎるわな……。
     そんな中身の濃い話をしてからの赤背景・赤バイクだったんで、もっとしっかり作れよと言いたくなった。せめて、せめて全員同じ色ってのだけでもやめて欲しかったのに、残念です。良い話だっただけに、スゴく残念でした。

     まぁ……面白かったと思うよ。
     ところどころで酷すぎるシーンがあったけどな。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     生身だと死ぬ設定だったはずの赤の結界をまた無視……。
     もう、そんな設定はなかったのかもしれないな。そう思い込もう。

     勝手にぶちギレた敵がめちゃくちゃする話でした。
     微妙なバトルシーンで面白味はない。反面、展開は割りと王道で悪くない。っが! ↑で書いたように、ツッコミ場所はかなり多いをで、総合すると面白くはなかった。
     EDもな……静止画をスライドショーしただけだし……。
     口ぐらいはパクパクさせて欲しかった。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    学園祭でライブをする。定番なその流れに、バトルを組み合わせると……さらなるド定番に!?
    というわけで、スカーレッドライダーゼクス 6話「My Generation」の感想です。

    分かりやすい王道


    今回の話は、

    ・暗躍するハコ
    ・文化祭でライブ……の前に敵襲来
    ・ハコは紛い物?


    という流れでした。
    注目したいのは、文化祭のライブがいざ始まる……ってときに敵襲来というお約束展開か。

    バトル物ではド定番な流れでした。最近の例だとハンドレッドが分かりやすい────ライブが迫ってるんだけど、敵が襲来して邪魔するって展開ね。音楽×バトルな今作がその流れに乗らないはずがありません。
    そんなこんなで、ひっじょーに先読みしやすい展開でした。

    そんな流れの中にも、アキラとハコの関係のように気になるネタもあります。
    ただ、今回の敵さんがハコを「紛い物」って呼んでしまうんだ……。
    それにより、なんとなく正体がネタバレしてしまってるのが残念でした。
    もっと濁してクレヨン。

    評価:★★☆☆☆


    王道ではあるんだけど、その良さが伝わってこない。
    女性向けということが足枷になったか……
    アキラよりもハコ(のオッパイ)に魅力を感じてしまってるのも大きい。

    せめて、過度に分かりやすいフラグを薄めて欲しかったです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     日常パート、ですか。
     普段なら海……つまりは水着回にテンションが上がってるところだが、女性向けだしな。
     それでも教官の水着はあったんだけど、全く萌えない。
     その最たる理由……終盤で砂浜を走るシーンがあったんだけど、後ろから教官を映した場面の雑さよ。前は意識するのに後ろはスルーなのか? 女性キャラに力を入れないって意思表示なのか、テンションが上がらないどころかガタ落ちでした。あれはアカンわ。

     カニさんやソバ寺さんの活躍はまだ評価したい。
     それでも面白くはない。
     とりあえず、音楽の展開はどうにかしてくれ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     ライダーとしての資質を疑われるヒロ。
     そんな中で、ライダーたちはチームワークの強化に取り組む。


     チームワーク強化のためにバンドをやってみる、と。
     やめとけ、その糞展開は。
     今期にどれだけ音楽アニメがあると思っとるん?
     ついでのバンド活動ごときで勝ち抜ける分けない。
     スゴく嫌いな流れです。まぁ、ライブシーンは無かったが。

     面白くなかった。
     葛藤を克服する描写がいきなり過ぎて、もう情緒不安定にしか見えない。
     そうなった一番の原因……フラグがないんですよね。
     糞みたいなきっかけでいきなり立ち直るから、見ていて萎えるんだ。
     もっと教官と話すシーンを入れればいいのに……。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     作品内の専門用語を終盤の戦闘シーンで連発する。
     ワケわからん。

     死亡設定の赤の結界で、その設定を持ち出して間もない状況なのにちょっと苦しむだけ。
     アホか。

     レーザー攻撃で爆発オチ。バラバラだったライダーたちが炎の前で5人並んでる。
     嘗めてるのか?

     上記の感想で分かるように、かなりイラッとしました。

     ひとつ目はまぁバトル物ではよくあることです。なのでこれは良いとして……
     ふたつ目、みっつ目はアカンから。
     赤の結界の件、ライダーには効かないなら分かるよ、うん。でも、中途半端に苦しんでいるし、「変身しないとヤバイぞ」という趣旨の発言もしている。ということは、入ったら死ぬ設定は変身しない限りは同じってことだ。それなのに、死なない。自ら1話にして矛盾を作り出すとか、何やってんだよ。
     そして、みっつ目。これはもう、見た目がカッコ良さそうだからって理由だろうね。
     駆け寄っていた(正確にはしようとしていた)ライダーは一人だけだったのに、何故か5人揃ってるという怪奇現象。レーザーが撃たれたときに、皆が駆け出す描写ぐらい入れろし。

     変身出来ない男が、あっさり変身したことも好きにはなれない。

     結論、好きじゃない。

     女の子は可愛かったがな!

    まとめ:★☆☆☆☆


    ・自ら矛盾を作り出す。叩き待ち? 炎上商法?
    ・カッコイイだけを求めるなら、アホみたいな展開にも納得

     まぁ、面白かったかどうか……書く必要はないか。
     戦闘シーンも微妙だったんで、もう女の子に期待するしかないな。

    このページのトップヘ