あにまに~きままにアニメ感想~

深夜アニメを中心としたアニメ感想ブログです。

    ユーリ!!! on ICE

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ユーリ!!! on ICE 12話「超超超がんばらんば!!!グランプリファイナルFS」の感想です。






    最終回も映像がパネェな……。

    ストーリーも、金を取らせなかったところが良かったです。
    点差からして相手の失敗待ちになるわけで、それを望むってのはあまりにも紳士的ではない印象を受けます。勝負事の世界なんだから、あっても良いことなんだろうけどね。

    でも、このまま負けてしまっては主人公の存在価値がって話になる。なのでSPではユリオが、FSでは勇利が勝つ展開に、さらにはそれぞれがヴィクトルの点数を抜く展開にしたところがまた良かったかなって。

    そしてラスト。
    EDでの勇利とヴィクトルの競演。

    ……ホモってるな(´ω`)
    この要素はいらんのですけどね。
    まぁ、女性向けだし仕方ないか。

    面白かったです。
    ただ、BL要素がどうも……。
    良作であることは間違いないんで、是非とも男性向けを作って欲しいね。


    評価:★★★☆☆


    最後に、ラストのラストでヴィクトルの耳が寒さが赤くなってる件。
    芸が細かいなぁ~(´∀`)
    スゴく良いと思いますよ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    お品書き

    ナンバカ 11話
    文豪ストレイドッグス 23話
    ユーリ!!! on ICE 11話「超超がんばらんば!!グランプリファイナルSP」




    ナンバカ 11話:★★☆☆☆



    良かった点
    ・みんな仲良し

    悪かった点
    ・笑いは?

    新年大会の賞品を貰っていく回、と……。

    ロックとニコが賞品を堪能しながら、ジューゴとの出会いもセットに語られる、あからさまな良い話になっていた。
    人間味の乏しいジューゴが彼らから何かを学ぼうとするのは良い傾向なんだけど、そのジューゴがロックやニコを救うようなことをしていたのには違和感がある。違和感があるし、都合が良くて好きになれない話でした。

    ギャグアニメなのにギャグも弱かったし、面白くはないね。


    文豪ストレイドッグス 23話:★★★☆☆



    良かった点
    ・結果的な共闘

    悪かった点
    ・和解が謎

    あぁ……面白かったですね~仲は悪いんだけど、結果的に息ぴったりなところ。二人でギルドマスターを殴り飛ばすシーンは、ありきたりなんだけどありきたりを越えた良さがありました。

    それに対して、最後の展開は何なんだ?

    共闘する流れになるのは予想通りですが……
    敦がそれを選んだ経緯がいまいち分からない。
    『太宰さんは認めてる』ってセリフで芥川が協力的になるんはなんとなく分かるよ?
    でも敦は……全く理解できません。
    それを考えてると、国語的な『この言葉から気持ちを読み取れ』みたいな問題を思い出して……メッチャ不得意だったな~って。自分の国語力に改めて絶望しました。

    面白いバトルでしたが、後味は悪かったです。


    ユーリ!!! on ICE 11話:★★★☆☆



    良かった点
    ・スケートシーン
    ・JJざまぁ
    ・ガチ過ぎる解説

    悪かった点
    ・現実味の無い点数


    いや~良かったね。
    安定のスケートシーンが!
    ガチ過ぎる解説が!!

    解説にあの人を呼ぶガチさは流石としか言い様がありません。

    スケートシーンに関しては安定の超スペックだし、完璧な者、出せる実力を出した者、挑戦して失敗する者、空気に飲まれる者……多種多様でそれぞれがそれぞれのスケートを見せてくれた。映像だけの美しさだけでなく、展開も美しいね。
    特に、高慢だったJJの鼻っ柱を折ってくれたのは、快…感…(´∀`)
    悪い奴ではないんだろうけどね……。

    残念なのは、点数に現実味を感じなかったこと。
    羽生の世界最高点が110ぐらいでしたっけ?
    ユリオが出した点数だけでも異常なのに、100点を超えたのが3人、その内2人は110点を超えたというのは現実味がない。現実に今年のグランプリファイナルで100点超えを出したのは羽生だけですからね。
    この都合の良さはアニメ的で────ってアニメだから良いかもだけど────スケートシーンに関して描写の緻密さを出してきた今作ではマイナスになってしまう。

    展開などは面白いだけに、残念な話でしたね。
    私が分かってないだけで、ユリオの演技構成を完璧にやればあぁいう点数になるのかもだけど……。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ユーリ!!! on ICE 10話「超がんばらんば!!グランプリファイナル直前SP」の感想です。


    BLがんばらんば


    これはキツイ……。

    普通にBLアニメとして放送している作品と大差ないレベルでした。

    特に象徴的なのが、勇利がヴィクトルにプレゼントしたお揃いの指輪。
    茶化すようにエンゲージリングと言ってましたし、コーチと選手という意味で婚約、繋がるみたいな意味合いなのかもしれんけど……。だとしても、路線を傾け過ぎではないか?

    今さらだが、ヴィクトルに近い年齢の女性がコーチになることも出来たのでは? フィギュアスケートのファンは女性が多いけど、それでBLをやってしまうのは傾向しすぎだろう。

    スケートシーンのない今作は、見せ場の乏しい作品と言えてしまう。男が視聴したとき……。

    エンディングが作中にも話してた勇利の恥ずかしい過去。
    コーチになるのもそれがきっかけだった!?
    というオチは悪くないと思うんだけどね~(´ω`)

    評価:★★☆☆☆



    良かった点
    ・オチ

    悪かった点
    ・意識しすぎたBL臭
    ・スケートシーンが無い

    面白くなかった。

    スケートシーンなどの見せ場がないと、男にはただのBLアニメ。
    ボケも弱く、楽しめる要素は少なかっただろう。

    このページのトップヘ