あにまに~きままにアニメ感想~

深夜アニメを中心としたアニメ感想ブログです。

    チェインクロニクル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    チェインクロニクル(ヘクセイタスの閃) 12話「ヘクセイタスの閃」の感想です。

    評価:★★★☆☆

    公式サイト

    突然ですがみなさん、目を瞑ってください。
    終盤のフィーナ蘇生シーンで、彼女のオッパイしか見てなかった人挙手。
    大丈夫、誰がそんな不徳をしたかは言わんから。

    ………

    ………

    ………

    ………(‐ω‐)/




    さて、最終回です。

    ラスボスさんが3回も変身してくれてたぎった。でも「人間→ドラゴン→人間(なんかいろいろゴツい)」という順番には疑問だがな。最終形態が第2形態より地味でどうするwww ラスボスさんはフィーナのパパだったらしく、人間を最終形態にしたのは彼女との関係を描きやすくするためだったのかもだけど。

    動きの多いバトルシーン。
    エレ……名前忘れた、オッパイ中ボスの討伐にユーリを助けてラスボス撃破……詰め込みすぎな印象を受けるけど、面白かった。RPGのラスボス戦っぽい戦闘描写が好ましかったです。一番派手なドラゴン形態を倒したのが毛まみれってのはイマイチ光らんと思うけど。

    絆や成長を感じる後日談も良し。
    何より─────

    フィーナのオッパイが(ry


    危ない危ない……。
    危うくフィーナのオッパイを凝視していたのがバレるところでした。



    最後に。

    「ヘクセイタスの閃」はアラムの持ってる力のことだったんだね。
    結句どんな力か分からんかったんで、その辺がググってみようと思います。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    チェインクロニクル(ヘクセイタスの閃) 10話「闇を裂く刃」の感想です。

    評価:★★☆☆☆

    公式サイト

    黒の軍勢、パネェwww
    ブルクハルト、亜空間的な場所で飛んでったはずなのに数秒で戻り青髪を連れ去るという……あれで戻ってくるってことは、アイツって空も飛べるんだね……と驚いてる場合じゃなく、あっさり連れ去られたり爆撃されて仲間を落としたり────注意力散漫だぞ味方側www だからボッコボコに負けっぱなしなんだと思いました。

    さて、いざ決戦の地へ……って展開で盛り上がった。
    青髪とアラムが亡き主人公様を語るシーンも決戦前っぽかったです。
    そんな盛り上がりは悪くないのだが、イマイチ面白いとは感じなかった。
    物量で押すって戦闘シーンが最たる原因で、次点はあっさり青髪を連れ去られた展開かな、と。不意を突かれたように見えるけど、敵地で油断してるのは愚かすぎないか? そこが気になってしまって残念な感想を持ってしまいました。

    そんな中でも─────


    青髪のサービスシーンは良かった。間違いない。

    もう少し服をしたにずらしてたら「面白い!」と書いてたな……きっと……。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    チェインクロニクル(ヘクセイタスの閃) 9話「砂漠に咲く花」の感想です。

    評価:★★★★☆

    公式サイト

    ユリアナとシュザの戦いを止める。
    この戦いに割って入れたという戦闘力の成長と、仲間を想える精神面での成長を目の当たりにできるエピソードになっていた。あぁ……アラムがメッチャ成長したなーと。

    感慨深い! と思うが、もう9話だしこのぐらいになってくれんとアカンよな。


    戦闘シーンは相変わらずハイスペック。
    仲間との絆も感じられ、非常に面白かったです。
    毛まみれがドラゴンでしたーなどの展開はイマイチ意外性がなかったがな。
    それでも、やはり戦闘シーンが良かったので良し。
    アニメなんだし、評価として動きを優先するべきでしょうね(´∀`)

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    チェインクロニクル(ヘクセイタスの閃) 7話「離ればなれに」の感想です。

    評価:★★★☆☆

    公式サイト

    フィーナの水浴びシーン、ヒャツハー!!

    アラムがむっちゃ成長しとる件。
    ユーリと育んだ絆が、少年を大人にしたってことだな!

    …………

    おかしいなぁ……。
    上の文だとガチなBLを連想してしまう。

    とにもかくにも、アラムの成長がしっかり伝わった。
    フィーナと二人旅という展開は妬ましいが、今日のような話は悪くない。
    急展開の合間の緩和ってイメージだが、戦闘シーンもちゃんとあって予想外に動きの多い話になっていた。もちろん、精神面での揺れ動きもなー。

    ということで、面白かったです。

    次回はいよいよ妖精島か?
    8話かかるとか、長かったですね……。
    とりま期待してる。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    チェインクロニクル(ヘクセイタスの閃) 6話「苦悩の果て」の感想です。

    評価:★★★☆☆

    公式サイト

    カインー( ̄□ ̄;)!!

    死んだ? ガチで死んだのかあれ??
    悲しみというよりは衝撃が強くて「マジか…マジか…」としか言葉が出ませんでした。

    ま、まぁ……良い展開だったと思いますよ。

    表で姫様がポジティブなことを演説してるかと思ったら、裏でその言葉を否定するようなユーリの闇落ち展開。裏表が作用しまくって、濃厚な味わいを出したと思います。
    面白かった。

    シュラとかウザかったがなー。
    人間側にもああいう奴がいるってだけで、多様性が生まれるから良いことなんだろうけど。

    とりま、カインが後々に治療したら復活しましたーって展開だけは止めて欲しいですね。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    チェインクロニクル(ヘクセイタスの閃) 5話「雪山の叫び声」の感想です。

    公式サイト

    目次

    今日の燃えどころ
    評価:★★★☆☆




    今日の燃えどころ

     俺の仲間じゃない、俺たちの仲間だ。

     そんな言葉が出てくるように、今回は仲間としての絆を知るエピソード。

     良い話なんだけど、滲み出すBL臭が気になる……。
     ユーリとアラムの関係はもうそれとしか見えなくてな。雪山での遭難のときに、裸で温め合うとかあれば確定なんですけど、流石にそこまではしなかったようです。
     しかし、今後に女性向けの薄い本として発売される未来が見えた気が……。

     今回はそんなエピソード、燃えるじゃない、萎えるねw

    評価:★★★☆☆

     面白かったです。

     BLが引っかかるけど、悪くはない話。
     吹雪が見にくくしてたけど、戦闘シーンやらは安定だったしね。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    原作ゲーム未プレイで、全キャラの名前と顔が一致してる人挙手。

    いるとは思えないんだが……。

    というわけで、チェインクロニクル(ヘクセイタスの閃) 4話「広がる闇」の感想です。

    公式サイト

    今日の萌えどころ

    全裸の賢者……ファティマ様……激熱だな!!

    他にも可愛いキャラはいたけど、名前を覚えられたのはファティマ様だけだった。

    いや、別に全裸に釣られた訳じゃないんですよ( ̄ω ̄;)

    運命を司る賢者らしく、彼女との出会いに運命を感じたのだ。
    そう─────


    その全裸に!!

    げふんげふん、取り乱しました。

    そろそろ真面目な話をしようか

    王都側は詰んでるように見えるが、ユーリ一行は順調に見える。
    新たな仲間を加えて次の旅へ……という展開が好ましく、胸熱だった。
    対照的な展開を見せることで、面白味は増したと思いますよ!

    しかし、キャラ名が覚えられない件。

    前回までの主要キャラですら覚えられてないのに、ついていけるはずがなかった。
    このキャラが一致しない状況は早めになんとかせんとアカンな。とは思いつつも、主人公とヒロインっぽい3人くらいを覚えとけばいいかとも思える。

    どちらにしろ、なるべく固有名詞を出しながら話して欲しいですね。

    評価:★★★☆☆

    面白かったです。

    魔法戦はデーハーで良いですね!
    近接戦闘も混じって、非常に見応えのあるバトルでした。

    賢者たちや配下も良いキャラだったし、キャラの面でも楽しめました。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    チェインクロニクル(ヘクセイタスの閃) 3話の感想です。

    公式サイト

    ストーリーについて


    ブルクハルトが闇オチって……身勝手過ぎるだろコイツ。
    アラムを泥棒扱いしたり、ちょっと頭冷やせと言われても仕方ないし、下手したら見限られたかもしれん。それでも姫様は信頼してユーリたちと同行させたのに、その想いを考えもせず捨てられたと断定して闇オチ─────

    アホだろ。

    アホじゃなくても、姫様への信頼の無さが伺える。
    従順な配下のフリをしてるが、所詮はカスなんだなって展開になってしまったのが残念でした。


    評価:C



    ストーリー:★★☆☆☆
    バトル:★★★★☆
    作画:★★★★☆

    バトル描写が神ってたな。
    基本的にどちらか一方が無双状態だったんで、これが相手と対等な力量差だったらもっと楽しめた。

    ストーリーに関しては、ブルクハルトの闇オチの経緯がお粗末過ぎて美味しくない。
    キャラの価値を下げるような展開になってしまって残念でした。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    あのスマホゲーがテレビアニメ版で。

    ガラケー民には縁遠い作品なんで、不思議な憎悪が……。

    というわけで、チェインクロニクル(ヘクセイタスの閃) 1話「光と闇と」の感想です。


    公式サイト


    良戦闘シーン、名前は覚えられんけど



    敗北した。
    その結果から「ユーリに任せるのはアカンかった」と言う部下B。
    何を偉そうに言ってんだコイツ……(´ω`)
    負けてから後出しで言うなし、と思わずにはいられません。

    それに対して、アラムですよ。
    良い奴だな~って。

    彼の加わった最後の戦闘シーンは良い画になっていて、とても見ごたえがあった。
    負け犬が復帰するのには早すぎる気もしたけど、そういうのを差し引いても良い評価を持てる戦闘シーンだと思います。

    結局のところアニメなんだし、ぬるぬる動くのが大事ってことだね。

    キャラ名と顔が一致しないんだがな!

    評価:★★★★☆



    面白かった。

    分からないところは多いけど、作画が良かったんで……。

    展開に速さの面で物足りなさはあるんだがな。


    最後に



    やはり顔が一致しない。
    声でなんとかするしかねぇですね、これ。

    このページのトップヘ