あにまに~きままにアニメ感想~

深夜アニメを中心としたアニメ感想ブログです。

    無彩限のファントム・ワールド

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     これは酷いwww もちろん良い意味で。

    自称『内気な少女』


     ファントムを倒しに向かう道中で、舞の内気な少女時代の話を聞きます。
     えっ……これ、ツッコミ待ちだよね? そうだよね??
     とりあえず、倒しに行ったファントムと舞の少女時代が関係しているのがバレバレでした。

     ラストには、内気な少女時代というのが、自分に都合よく改変されていたことが判明します。子供時代から武闘派だったんだな……と心の隅で思いつつ、これは良いロリだ! という、ロリコンとしての本能が私の心を占拠するのでした。まぁ、ロリコン以外の人が見た場合、舞先輩はオッパイが無くなった時点で魅力の大半を失うことになるんでしょうけどね。いっそ、ロリ巨乳で……とか期待していたんですが、もはや年齢が……。舞先輩は11才で初ブラらしいんで、今後は11歳ごろのエピソードでよろしくお願いします。無いだろうけど。


    評価:★★★☆☆


     うん、面白かったです。
     途中で古いアニメを視聴するシーンがありましたが、時代に合わせて作画を変えてるところには笑わせていただきましたw 無駄なところに力を入れてるなぁ~って。もちろん、良い意味での無駄です。最後に決め技もフラグなっていて……過去と現在の(画質)対比ができるというw こんな無駄なら大歓迎ですね。晴彦×舞先輩の二人
    でデートをする展開は歓迎しないがな。爆発オチはまだですか? 


     さて、小糸ちゃんはどこ行った?

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    「おっぱい!おっぱい!」と、舞先輩のおっぱいを見て浮かれる私ですが、今回の主役は小糸ちゃんだそうです。クールキャラは好みじゃないんですがね……。


    小糸のターン、「ファァァァァァ!!!」

     とある仕事で小糸を援護することになった晴彦たち。ここで小糸の能力がお目見えです! 声…という認識で良いんでしょうか。それとも音かな。声を出すことでドッカンドッカンする能力みたいです。 ということは、晴彦たちみたいにファントムを封印することは出来なさそうなんで、完全に滅ぼすってことなんだしょう。主人公たちは封印しているのに、それをしようとしない……クールっ子なだけに、デフォルトな設定だと思いました。『クール=冷徹』な感じかな。それでも裏ではいい子という、これまたよくある展開が待ってそうですけどねw
     見た目は好きですが、舞先輩や玲奈ちゃんに比べるとヒロインとしての萌え度は落ちる気がします。これはもう盛大で圧倒的なギャップに期待するしか……。もしくは、仲間になった後でデレる姿に期待してます。

     中に人は、内田真礼さん。
     明るいキャラのイメージが強いからか、最初はちょっとだけ違和感を感じました。
     でも、最後には慣れてました。




    この店、サービスいいなw

     後半はサービス多目です。
    女子大の寮」という甘美で魅惑的な響きがする場所へ仕事に向かいます。
     どうやら、覗きのファントムというのが現れるらしいですよ……あぁ……女子寮にドローンを飛ばして盗撮するときは、「あれはドローンじゃない、ファントムだ!!」って言うようにしましょう。いや、冗談ですよ。マジで実行したら、良い精神科を紹介されることでしょう。
     何でこんな話をしたかって、UFOの見た目がドローンぽかったからです。

     さて、今回のアクションシーンは前半がメインだったように思えます。後半のは、バトルというよりサービスの様相が色濃く出てましたからね。まぁ、私的に後半のほうが好きなんですけどね!! ……後半のほうが大好きなんですけどね!!! 残念なのは、舞先輩と玲奈ちゃんが巻いているタオル(的なもの)が鉄壁だったこと。ラブコメならば、最後や途中で脱げる展開がありそうなんですけどね。せめて、舞先輩のおっぱいを揺らそうか? 1話が異常にバインバインしていただけに、今回のは少しさびしかった。



    評価:★★★☆☆


     小糸のターンかと思いきや、そこまでメインではなかった?
     面白かったですが、1話の衝撃を超えることはなかった。

     

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     無彩限のファントム・ワールド 1話「ファントムの時代」の感想です。

    揺れるオッパイ、弾むオッパイ


     京アニさんによるユーフォニアム以来のTV放送アニメですよ! というわけで、無条件の期待を寄せていました。まず見た印象は…………

     舞センパイのオッパイが揺れすぎだろ!!

     あれは、良いオッパイだ……。
     京アニの作品でこういうエロを感じられる作品は珍しいと思うんだ。なのでついつい前屈みに(ry もとい。いろいろな意味で興奮を抑えられませんよ。

     少しオッパイの話から離れます。
     物語は、日々ファントムという魑魅魍魎の類いと戦う高校生・晴彦と先輩のオッパイ担当・舞。チームを組んで挑んでいく2人だったが、2人だけでは限界が? 新メンバーとして晴彦が偶然出会った水縞パンツ・玲奈を仲間に加える。3人でファントムに挑んでいく話になります。
     あらすじ解説が終わったところで、オッパイの話に戻ろう(本当にちょっとだった)。
     ファントムとの戦闘中、またその前後でバインバイン揺れるオッパイ。舞センパイの圧倒的な戦闘能力(巨乳度)に驚愕させられます。その中でも一番凄かったのが、最後のリンボーダンスのシーンでしょう。低すぎるバーに、このままではオッパイが引っ掛かってしまう!? そんなときに繰り出された解決策が、自らオッパイをバインバインさせ、一番潰れた時にバーを潜るという荒業。なんの恥ずかし気も無くヒロインがオッパイを故意に揺らす……中々見ない光景を見せられたことで、私の興奮は最高潮になるのでした。

     まぁ、私は玲奈派なんですがね!

     玲奈の水縞パンツ(晴彦談)が見えていれば、舞センパイのオッパイよりも喜んでいたに違いない。私のように熟練したHENTAIは「縞パン>オッパイ」なのですよ!!
     …………これを読んでいる人の私に対する蔑みの視線を感じるんですが、勘違いかな?

    “採”高画質で彩られる世界


     軌道修正、私に対するイメージを改善するために真面目な話を。
     作画はもちろん高スペックなんですが、その中でも特に「色彩が鮮やかだな」という印象を持ちました。これはもう、流石は京アニさんとしか言い様がありません! 特に戦闘シーンが凄かったなぁ…と。舞センパイの躍動感や(オッパイを含む)、玲奈の吸い込みっぷり、ファントムのぼかし? モザイクがかったような姿等々。戦闘に関わってくるようなシーンは総じて素晴らしいと思いました。これが最終回まで続いたら京アニさんは普通に化物だな。

    評価:★★★★★


     面白くない訳がない。
     映像が良いのはもちろんのこと、キャラの会話も軽快でテンポが良い。
     唯一、否定するところは……玲奈のパンツを見せなかったこと!
     これだけは許さないからな…………。

     間違いなく、今期の中の当たり作品でしょう。
     見ないと後悔しますよ?

    このページのトップヘ